主な提供サービス

介護福祉

泊まる
特別養護老人ホーム 病気や障害により在宅で生活が困難となった要介護3以上の方が利用でき、利用期限のない「終の棲家」として最後まで暮らせる施設です。
リビングを取り囲む居室配置(全室個室)で家庭的な雰囲気のユニット型と4人部屋で低価格、”お隣さん”に囲まれた生活を送る多床室型があります。
グループホーム 認知症高齢者の日常生活のお世話や機能訓練が行われます。認知症の診断を受けた要介護(要支援2~要介護)の方が少人数で共同生活を営みながら、安心して家庭的な雰囲気の中で暮らしています。
介護老人保健施設 医学的管理のもとで利用者の状態に合わせたリハビリテーションなどのサービスを提供し、家庭への復帰を目指す施設です。
リハビリの専門家による機能訓練、管理栄養士による食事管理・栄養指導などを受けることができます。
ショートステイ 普段は自宅で生活し、介護の必要な方がご家族や利用者の都合に合わせて短期間宿泊でき、生活を中心とした介護が受けられる施設です。
※ご家族が急用や急病で一時的に介護が困難になった場合でも専門的なケアが受けられます。
有料老人ホーム ご自宅での生活が困難な高齢者にご入居していただき、設備の整った空間で日常生活を送っていただける「住まい」です。ご本人に合った訪問サービスやデイサービス等をご利用いただくことで、心身の活性化が図れます。
通う
デイサービスセンター 主に在宅で介護を受けている方が通って利用するサービスです。送迎付きで、食事や入浴・機能訓練などを提供します。体を動かしたり、交流の場を提供することで、気分のリフレッシュや孤独の解消、機能維持向上を図ります。また、家族の介護負担軽減の役割も果たします。
通所リハビリテーション 『リハビリ』に力を入れている通所型サービスです。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など『専門家による訓練』を受けることが出来ます。車イス対応の車両でお迎えにあがります。
地域密着型通所介護 定員18人以下の小規模のデイサービスセンターなどに通ってもらい、食事、入浴、その他日常生活上の支援や機能訓練などを提供します。デイサービスとの大きな違いは、その市町村の住民しか利用できず、住み慣れた地域での生活が継続できるよう支援していき、より地域に開かれたサービスを提供します。
相談
居宅介護支援 介護認定を受けている本人、ご家族の要望や生活環境を確認しながら、適切な介護サービスを受けられるようサポートいたします。自宅で介護保険サービスを利用するために必要なケアプランの作成・管理をしていきます。
訪問
訪問介護 住み慣れたご自宅で利用できる訪問型サービスです。
訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者様の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護や調理、洗濯、掃除等の家事をお手伝いします。
在宅介護支援センター 高齢者の介護や生活等の悩み・不安・心配事の相談に応じます。
担当地域の独居高齢者や虚弱高齢者の状態把握のために家庭訪問を行います。
担当地域の集会所等で介護予防教室を開催します。
認知症高齢者援助のため市が行う活動に協力します。

障害福祉

泊まる
グループホーム 障害のある方に、主に夜間において、共同生活を営む住居で、相談や家事支援、その他の日常生活の援助を行う他、心身の状況に応じ必要な介護を行う事業所です。
通う
就労継続支援B型 一般企業等への就職が困難な障害のある方に、生産活動などの機会を提供し、就労に必要な知識や能力の向上のために訓練等を行う事業所です。
生活介護 障害のある方に、主に昼間において、心身の介護の他、生活等に関する相談・助言その他必要な日常生活上の支援、創作的活動や生産活動等の機会を提供する事業所です。
相談
相談支援 障害のある方が、自立した生活を営むことができるよう、サービス等の利用計画の作成、地域生活に向けた支援、福祉に関する各種相談に応じ、必要な情報の提供、助言や支援を行います。